会社情報

ごあいさつ

株式会社国分商会は創業以来「使用済みタイヤ」のリサイクルを主軸に取り組んで参りました。 今日では、おかげさまで世界50か国以上の顧客ネットワークを有し、タイヤのリサイクルを通じて日本国内のみならず地球規模の環境への貢献を目指しております。 また、環境へのさらなるアプローチとして、グループ会社による緑化事業と農作物の生産事業を立ち上げて次世代に向けた環境事業に取り組んでおります。
 これからも私たちは環境保全・循環型社会を目指し、“3R”—REDUCE, REUSE and RECYCLE—を通じて地域社会・地球社会のお役に立てますよう、人と人との繋がりを大切にし、排出事業者の皆様のニーズへの対応、コンプライアンスの遵守、そして次世代の社会に向けたより良い生活環境の向上に努めてまいります。

代表取締役 國分 克尚

企業理念

  • 1.人間として、商人として、の「人づくり企業」で社会に貢献する
  • 2.地域の環境保全を通じて社会に貢献する
  • 3.顧客の満足を通じて社会に貢献する

会社概要

会社名
株式会社 国分商会(Kokubu Shokai Co., Ltd.)
創業
昭和51年(1976年)10月
会社設立
昭和54年(1979年)12月1日
資本金
4,995万円(2017年9月1日現在)
決算期
11月30日
代表者
代表取締役 國分 克尚
本社所在地
〒360-0161 埼玉県熊谷市万吉2643番地1
事業内容
・産業廃棄物の収集運搬及び処分業
・再生ゴム原料の製造販売
・各種タイヤ及び車輌
・車輌エンジン部品等の仕入れ販売並びに輸出入業務
・古物品の輸出入及び販売
従業員数
191名(2017年9月1日現在)
取引銀行
みずほ銀行、埼玉りそな銀行、熊谷商工信用組合、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、埼玉縣信用金庫

沿革

平成29年9月
國分克尚 代表取締役に就任
株式移転により、親会社となる株式会社KKB設立
平成27年5月
岩手県八幡平市に岩手出張所を開設
平成26年9月
北海道支店 敷地を拡充
平成26年
北海道千歳市に北海道工場完成
平成25年
宮城県柴田町に東北工場完成
北海道千歳市に北海道支店開業
平成24年10月
宮城県柴田町に東北支店開業
平成24年2月
埼玉県産業廃棄物収集運搬業及び処分業優良産廃処理業者 認定
平成21年
農業法人㈱国分グリーンファームを設立
平成20年
資本金を4,995万円に増資
埼玉県産業廃棄物収集運搬業及び処分業優良性の判断に係る評価基準 適合
平成19年
第二工場完成。稼働開始
平成17年
産業廃棄物処理施設設置許可取得
平成16年
椎名仁郎 代表取締役に就任 「ISO14001:1996」「JIS14001:1996」認証取得
「マーク」鶴ヶ島店 事業拡大に伴い圏央鶴ヶ島IC隣に移転
平成14年
東京事務所を新橋に開設
平成13年
株式会社に改組
平成10年
(株)タイヤリサイクル北海道 開設に伴い資本参加及び業務提携
平成8年11月
広域再生利用指定一般廃棄物処理者に指定 資本金を3,200万円に増資
平成6年
古物許可証取得
平成4年
タイヤショップ「マーク」熊谷店を業務拡大に伴い国道17号沿いに移転
平成2年
資本金を2,000万円に増資
昭和63年
資本金を1,000万円に増資
昭和62年
タイヤショップ「マーク」熊谷店を本社内に開設
昭和61年
小売部門タイヤショップ「マーク」鶴ヶ島店をオープン
昭和59年
本社営業部内に貿易課を設置。世界20数カ国に直接貿易業務を開始
昭和56年
再生タイヤ原材料、及び中古タイヤの輸出業務を開始
昭和55年
タイヤ切断工場を本社工場内に設置、併せて機械設備を拡充
昭和54年
セメント生産用燃料としての廃タイヤを、株式会社ブリヂストンと日本セメントの三社契約により、納入開始。有限会社に改組
昭和51年
創業者 國分 勇 使用済みタイヤの収集・運搬、中間処分を目的とした国分商会を開業